ストレスケア体験申し込み・お問い合わせ

NEWS

お知らせ

連休のための「休み」が必要.

連休も過ぎて、日常が戻ってきました。

たまったストレスを発散させるかのように、

連休中に楽しいことをたくさんした人は、

連休のための「休み」が必要になりますね。

ストレスは「苦しい」「不幸」「不満」なことではなく、

脳が過活動な状態です。

だから、楽しいこともストレスになります。

では、楽しいこと以外にストレスを沈静化させるには、

どうすればよいのでしょうか?

例えば、今日は雨が降っています。

少しだけ耳と目をいつもと違うものに注意を向けます。

まず、雨音です。一言に雨音といっても

実に様々な「音」が混じり合っています。

それに、リズムも同じではありません。

窓を流れる雨だれや

雨粒で新緑が踊るようなしぐさをします。

これらに共通しているのが

「自然のリズム」である「ゆらぎ」です。

興奮している脳を鎮めるには、この「ゆらぎ」を

利用することが効果的です。

ストレスはコントロールすることで、

人生を成長させる大きなエネルギーとなります。

そのためには、「戦闘モード」を「休戦モード」に

切り替える方法を知らなければなりません。

もともとストレス反応は「自分を守るため」の反応なのですが、

自己免疫疾患のように、生理システムが正常に機能しなくなり、

体が自分の組織を攻撃してしまいます。

「頑張るだけではうまくいかない」ということです。

今日、一日、ゆっくり過ごしてみませんか。