ストレスケア体験申し込み・お問い合わせ

NEWS

お知らせ

断食ダイエット?

 実は人間は誰しも自分の意思で選択しようがしまいが、

自然に断食をしています。

この断食は「睡眠」によるものです。

断食は英語で「fast」といいますが、

朝食「breakfast」は「fast=断食」を「break=中断」する、

最初の食事という意味にもなっているのです。

通常、午後7時に夕食なら翌朝7時までで12時間の断食です。

 

 しかし、本格的な断食は注意が必要です。

以下の方は(言うまでもないかもしれませんが)、

断食による健康の害が非常に危険ですので、断食をするべきではありません。

 妊娠、授乳中の女性高齢者、子供栄養失調の方

不整脈の既往歴のある方肝臓または腎臓障害のある方

糖尿病の方慢性疾患の方。

 

 また、断食のリスクとして、胸焼け、糖尿病の血糖コントロール不良、

頭痛、脱水、便秘、ストレスなどがあります。

断食はがんに効果があるという俗説もありますが、

米がん協会は、断食は科学的証拠に基づくと、

ヒトのがん治療として支持されていないと結論づけています。

 

断食の魅力は短期間での減量です。

ところが体の水分が一時的に減るだけで、すぐにリバウンドします。

これ自体は実感している人も多いと思うのですが、

さらに断食によって体調が不活性になり、

より太りやすくなる可能性があることが指摘されているのです。

 

日本でも断食、とくに断続的な断食が流行していますが、

Breakfast の語源どおり、睡眠時間の断食効果で充分ですね。

 

最後に、就寝3時間前には食べないことは

忘れずにしたいものです。