ストレスケア体験申し込み・お問い合わせ

NEWS

お知らせ

被災者への言葉かけ

ボランティアに行く人は、

どんな言葉を伝えればよいのでしょうか。


大切なことは、

・どんな人間関係の人で、

・どれほど相手の事情を分かっているか。

・どれほど心と心が通じ合っているか。

・どのタイミングで言うかが大切になります。


つい「頑張ってください」と言ってしまいます。

善意からには違いないが、この言葉を使う時には、

もう少し慎重になった方がいいのかもしれません。


被災者を傷つけることばの例としては、

がんばりましょう

前向きに行きましょう

早く忘れてください

泣いたり悲しんだりはいけません

気持ちはわかります

私にはとても耐えられません

あなたはまだましなほうです

等・・・

これらの言葉を使ってはいけないということでは

ありません。

問題は、その時、その場の状況判断によります。


では、一般的なボランティア活動などで、

どんな言葉がよいのでしょうか?

「何かお役にたてることはありませんか?」

「お疲れではありませんか?」

「ケアを受けられませんか?」


と尋ねる姿勢が望ましいと思います。


大切なことは、共感する心です!

ストレス学のエッセンス@美野田啓二
ストレス学のエッセンス@美野田啓二
ストレス学のエッセンス@美野田啓二
ストレス学のエッセンス@美野田啓二
ストレス学のエッセンス@美野田啓二