ストレスケア体験申し込み・お問い合わせ

NEWS

お知らせ

ホメオストレッチの身体感覚と自己受容

ホメオストレッチの身体感覚と自己受容
フォーカシング(自己理解のための心理療法.ジェンドリン)は、
相談者の問題について何らかの
※漠然とした身体感覚(フェルトセンス)を感じながら、
その感覚に沿ってカウンセリングすると気づきが起こり、
カウンセリング効果を進展させることができる。
また、フォーカシングでは、日常生活で
それぞれの体験を受け入れる自己受容の態度が重要である。

※体全体に血液が巡っているようだ。
肩や背中が軽くなった。
腰が楽になった。
胃が温かい。
なんとなく・・・のようだ。
・・・のような感じ。

ホメオストレッチを行うと、
相談者は多様なフェルトセンスを語る。
その感覚は、相談者の心理と強く結びついている。
温かい気持ちを伴って
「ああ、こういう感じが自分の中にあるんだな」
「今、自分は、自分に触れているなあ」と実感していき、
フェルトセンスと一緒に時を過ごすこと自体が、相談者に癒しをもたらす。