コントロールとは丁度よいバランスをとることである。


心のバランスを保つためには、


心の沈静化が必要になる。


そして、心の沈静化には、身体の代謝活動を低下させる


ことが必要である。


なぜなら、体の情報が心を動かしているからだ。



心主体従(こころが主で体は従う)を否定しないが、


一方で体主心従(体が心の製造所)も事実である。



どちらかといえば、「動き」の後に「こころ」が生まれている。



つまり、コントロールすべきは、「動き」である。