脳は人生を演出しており、

脳は人生そのものである。

自分の知らない領域も含んでいる「自己」に

ついて脳が自覚することは難しい。


自分の知らない領域とは「身体」のことだと考えられるが、

意識で体内環境を把握することは難しい。


体の内部環境は、

健康な状態や防衛期ではなかなか自覚できない。

疲労のぎりぎりの状態で、

これ以上無理できないときにはじめて意識で自覚できる。

骨格筋は内部環境を表現している。

筋バランスの乱れは内部環境の乱れを表している。

我々はアローバランスグラフという

アセスメント法により身体の内部環境や

体の状態を客観的に把握する。



意識は様々な価値観で毒されている。

例えば、ストレスがあるのは弱いことだと

意識していれば自分自身のストレスを認められなくなる。

しかし、意識ではストレスが把握できなくとも

筋バランスではストレスの状態がわかる。



大脳から脳幹に出されたおおまかな運動指令は、

小脳の回路で細かく調節されて全身に送られる。

それで微妙な運動もスムーズに行われている。


体のバランスは小脳と脳幹の共同作業で調節されている。

小脳の働きが壊れると、めまいがして片足で立てなくなる。

脳幹には、呼吸や心臓の活動、

体温調節など生命維持のための

すべての神経が集まっており、

命の座と言われている。


脳幹には大脳皮質の神経細胞の

働きを調整して睡眠と覚醒のリズムを作る役割もある。


他の脳が機能停止して、

脳幹だけが生きている植物状態がある。

脳幹が死んでしまうと大脳も死んでしまう。

つまり脳幹は脳全体の中枢である。