「仕事の仕方」というのは、それぞれのタイプがありますが、「生活の仕方」とは異なった価値観が必要になります。


例えば、「生活は出来るだけゆったりして、あくせくせず、落ち着いて暮らしたいと・・・。」


しかし、この生活観を仕事に持ち込んだら、それこそ、理想と現実のギャップに悩むようになります。


「危機意識」は緊張感ですが、けっして、悪い意味の「緊張」ではありません。自由な人は、緊張と弛緩が自由自在である人です。


優れたリラクセーションは、優れた緊張感を生み出すことができるのです。