よく、ケアという言葉を使う時代になりました。看

護ケア、介護ケア、ターミナルケア(末期がんなど、治癒困難

な患者と家族を対象とする、身体・精神両面の終末期ケア)

という分野で使われることが多いため、医療や福祉分野の言葉

のイメージがあります。


 しかし、ケアとはケアから連想される特定の職業層のための

言葉ではなく、その人(対象)が成長すること、あるいは、自

己実現をすることを援助することです。



ケアされる人もケアする人も成長する。

ケアされる人だけでなく。ケアする人も成長することが必要です。


 自分のため、他者のため、社会のために仕事をする、すべて

の人にとってケアとは、単なる「サービス」のようなものでは

決してありません。


ケアとは、人が生きる上で本質的な営みであるといえます。



ストレスケアの定義


 「自己実現を目指すために、ストレス因子である心理社会的

問題をどう考えどう乗り越えるかを自分自身で開始し、遂行す

る諸活動の実践」です。


 さらに、「ストレスケア社会」の中心概念は、個人と社会が

幸福や健康の決定要素をコントロールすることによってニーズ

を満たし、環境(体験)に対応することによって、幸福や健康

の改善を可能にするプロセスです。


 したがってストレスケア社会の発展は、「すべての人があら

ゆる生活の場で幸福や健康を享受することのできる社会」の実

現を果たしていくことになります。


 また、ストレスケアにおける「健康」は生きる目的ではなく、

日々の生活を「幸福に過ごす」ための自己実現的資源であり、

ストレスのリスク因子を回避する社会的資源であることを強調

した積極的な概念になります。