「こころ」は言葉として使っているぶんにはさして問題はありません。しかし、その実態を把握しようとしても、なにかしっかりした「かたまり」として存在しているわけではありません。




 存在するのは「心の働き」である機能です。そして、心の動きはそれぞれの身体をとおして、外から見える形で現れてきます。




 このような心の働きを応用すれば、心から遠ざかり、身体に表現されるものに近づくにつれて、そこに関与している適応の過程(ストレス)をよりよく理解できます。


私たちの身体には、予想もしないほどの「心」が存在していています。


心の場所は、身体全体、あるいはその動きであるということはそう極論ではないのです。




例えば、やさしく触れられるという行動は、相手から肯定的に受け止められていることの現れです。


それを感じられることが、脳の発達はもちろん、人間の生存にとって、食欲や睡眠より遥かに重要です。


つまり、触れ合うことは心の原点でもあるのです。



だからこそ、安心と保護感は幸福感とイコールで結ばれるのでしょう。


本能的な欲求でもある集団欲(関係欲)は人間の命綱なのです。


夕刻、19:00より講演会です。お時間のある方は、いらしてください。


久留米市石橋文化会館