同じ失敗を繰り返す



ストレスが高い人は、自分と他を区別して、

失敗の原因を自分以外の他者に求めてしまいますので、

ますます不快になり、ストレスが蓄積していきます。 

つまり、統合の失敗ですね。自即他の愛にも触れることがありません。



また、失敗の原因となる自分自身の内部の問題や緊張が、

解消されませんので、同じ失敗を何度も繰り返してしまいます。



失敗をしたときに、他者のせいにせず、

なぜそうなったかを自分の内部に求め、体験の意味を考える人は、

ストレスから離れ、リラクセーションを得ることが出来ます。

それには、自己受容の働きが必要です。



そして、関わりの中で、自己を成長させ、生活技術を高めていくことで、

同じ失敗を繰り返すことが減っていくのです。




計画がうまく運ばない、中途で挫折することが多い



神頼みで何とかしようと思っている間はうまくいきません。

今はうまくいっていないけど、きっと、

いつか誰かが助けてくれるというのは「シンデレラコンプレックス」です。




他力の人の傾向は、強い願望を持っていますが、

残念ながら、それは実現することはありません。

何かに頼るよりも、まずは、自分自身の緊張を除いてリラクセーションを

得ることが大切です。

「おのれこそ、おのれのよるべ」なのです。



つまり、過去のこれまでの自分、現在の自分が大嫌いで、

自己否定して、どこかに別の本当の自分がいる、

などと思うとうまくいかないのです。



これからのことが、うまくいくには、これまでが

うまくいっていなければいけないのです。

これは時間の統一的連続性です。


ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ


「今」は過去が集まったもの、「未来」は今が集まったもの。


したがって、過去と現在と未来の時間は連続しているということです。


過去を否定して行動してはいけないのです。