目標をは何のためにつくるの


人生が運や偶然によって支配されていないこと。

人生で一番大切なことは、自分で決めること。

人生で価値があるのは、結果よりプロセスであること。


目標は日々の暮らし方を教えてくれるもの。

目標は、これから自分が体験することを準備するもの。

目標は、自己成長のために欠かせないもの。


目標がある人は迷いにくい。

目標がある人はイキイキしている。

目標がある人は困難に負けない。

だから、自分で考えた目標を持とう!!




目標のつくりかた。


現在地を知る

行き先を決める

その前に、次を進めよう!!


自分のやりたいことしたいことを全部書き出そう。

子供の心に戻って、広用紙に書いていこう。

書いたら、お茶でも飲みながら眺めてみよう。

一息ついたら、同じ意味のことをまとめていこう。

さらに具体的に、数字で表してください。数量を書き込みます。

まとめる時は、箇条書きにして整理していく。

ずいぶん、たくさんありますか・・・

それでは、実際に期日を書き添えていこう。何年後、何月何日・・・

期日を書き添えたら、今度は違う用紙に早いもの順に並べていこう。

並び終えたら、もう一度同じ意味のことを整理してみよう。


さて、ここからが肝心!!


こころを静めて、からだの力を抜いて、じっと目標を見つめて!

最初にきているもの、つまり1番目が大切。

1番目は1ヶ月以内に実現可能ですか?

例えば、一番目に幸福になりたいと書いていませんか?

悪くはないのですが、具体的ではありません。

そこで、1月10日までに、満足していることを10個気づく・・・

という感じに直します。


どんなに大切なことでも、すぐにできないことは後に回します。

例えば、司法試験に合格する!などは1~2ヶ月では無理ですね!

この目標は、今をイキイキするためのものです。

今日、やりたいこと、やることがある人は、元気なパワーを持つことができます。


目標のケア


目標は生き物です。管理しなければ、枯れてしまいます。

毎日、植物に光や水が必要なように、目標にも栄養を与えつづけます。

目標の栄養は、毎日、見てあげることです。


1番目の目標が達成できたら、目標の見直しができます。

新しく1番を作ることも、全部を見直すこともOKです!



あなたが体験したいと考えていることを目標にします。

さぁ! すばらしい体験をしていきましょう!!