ストレスとは

ストレスを一般的に受け入れられるように

定義するのは決して容易ではありません。

なぜなら、ストレスは人のそれぞれの

思いによって、いろいろと違った意味で

用いられているからです。

 

例えば医者は生理学的メカニズムから、

技術者は力学的な視点から、

物理学者は応力として、

心理学者は行動の変化から、

そして、勤労者は労働環境や人間関係から、

一般の人々は不幸な体験、強制、禁止

されることに使われています。

 

現在、私たちが日常的に使っている

「ストレス」は、

生理学的に身体に課せられる

要求のことであり、

ハンスセリエ(Hans Selye, 1907 – 1982)の

ストレス学説に基づいています。

 

ストレスは幸福や成功、

悩みの有無などではなく、

一切の良い、悪いのいずれの

意味も付加しません。