「心の基礎~安心~とは」

 

BTU久留米・大阪ストレスマネジメント研究所の永瀬です。


自分リセット.jpg 

先週に続いて「心の基礎」についてお話します。

心の基礎には 『安心』 『認められる』 『楽しい』

という3要素があります。

 

『安心』について前回は

「必要とされている」「誰かの役に立てている」という

自分の存在価値や存在理由を自覚すること・・・

れが大切だとお話しました。

 

もともと、この安心を求める欲求とは

「集団欲」とも言われ、

関わりを求める本能の働きなのです。

だから「私は誰からも必要とされていない」

と思ってしまうと、集団欲を傷つけてしまいます。

 

毎日のように「いじめ」の問題、それによって自殺してしまう子供のことが

新聞に取り上げられていますが、集団欲は命に直結している心の栄養なのです。

 

集団欲は「触れる」つまりスキンシップでも満たされます。

これは生物的な触れ合いです。

小さい子供からお年寄りにいたるまで、触れることの大切さはよく知られています。

 

illust1559_thumb.JPGそして触れ合いにはもうひとつ

精神的な触れ合いというものもあります。

これは「相手を理解する」ということです。

相手の感情に共感する・・・

それは心を触れ合わせるということなのですね。

 

「誰かにやさしく話を聴いてもらえるだけで元気になれた」

という経験が誰にもあると思います。

「聴く」。これも心を触れ合わせる安心の技術なのですね。

「リラクゼーションは正しくはリラクセーションです。」