身体からアプローチするカウンセリング心理学 

「バランスセラピー学」入門 セミナー&相談会

 

 

一般的にカウンセリングでは、相談者の考え方や受け止め方といった個人要因が扱われます。考え方自体について考えることは、日常生活や人生において大変重要な意味があります。コンピューターに例えると、プログラミングを扱うことであり、それを書き換えることにもなります。

 

しかし、コンピューターと人間は同じではありません。例えば、コンピューターの稼働による負荷が蓄積すれば機械自体の機能が低下しますが、その場合には部品交換等で対応することができるでしょう。

 

一方、人間はどうでしょうか。人間も様々な負荷によりストレスが無理な状態になると脳機能が低下しますが、前者とは異なる対応が必要です。つまりAIやアンドロイドではない私たち人間の場合は、心を含む身体全体を扱うことがどうしても必要であるといわなければなりません。キーワードは「脳」や「ストレス」そして「ホメオスターシス」です。

 

そこで、身体からアプローチするカウンセリング心理学「バランスセラピー学」入門をテーマにみなさんと一緒に考えたいと思います。お気軽にお問い合わせご参加ください。

(セミナーの部終了後、個別相談も受け付けております。)

 

●日時

4/20(金) 13:00~15:00

4/21(土) 13:00~15:00

※各日15時以降相談会

 

●場所:BTU静岡安東

静岡市葵区安東3丁目12-34-2(駐車場3台可)

最寄りのバス停(県立総合病院高松線)中電社宅前

●講師:永田朋秀(ストレスケアカウンセラー、BTU講師)

●定員:4名

●参加費:1,500円

※初回面談ご希望の場合参加費相当分を面談料から割り引きできます。