平成28年4月14日に熊本県益城町を震源とした直下型地震が発生し、

さらに16日には熊本県を震源とした地震も発生しました。

発生したのが夜間ということで、被災された方は避難など大変だったことと思います。

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げると同時に、

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

———————————————————————–

【震災メンタルケアについて】

身の安全やライフライン復旧の優先に伴い、震災時の極度な身体的疲労や緊張を

早期に取り除く必要があります。

また、メンタルケアを効果的に進めるためにも、身体に発生した過度な緊張を緩和

させることが必要です。強いストレスの直後は、生理的な興奮(ストレス)が起きて

身体感覚が低下しています。そのため、自覚がない場合もありますが、時間の経過と

共に様々な変調が表われてきます。


例えば以下のようなものです。

不眠(睡眠障害) / 腰痛や肩や首、背中の痛み

便秘など内臓機能の低下 / 慢性的な疲労感

気分の落ち込み / 無力感 / 不安感

イライラ / 怒り感情 / 爽快感がない

抑うつ感 / 攻撃的な行動 / 不適応など


これらの反応はストレスの防衛期に起きる特徴です。

気持ちの持ち方だけで、なんとかしようとしても逆効果の場合があります。

そこで、次の方法を試してみてください。

 ↓

セルフケア パンフレット.pdf

ここでは詳しい解説は省略しますが、キーになる筋組織を応用することで

脳疲労を軽減させることができます。


詳しくはBTU参照