11月下旬発売

本書では、第1章で日本の伝統的な家族から

現代の家族の変化を振り返り、

それぞれの時代の家族のなりたちや

役割について述べています。


第2章は、現代の家族を構成している、

父親、母親、子どもが抱える様々な問題を紹介します。


第3章では、家族のストレスについて、

ストレスの基本的なことやストレス対策について

できるだけ詳しく取り上げています。



第4章は、家族をイキイキと再生させるための

具体的実践法を紹介しています。


第5章では、家族の成長に必要な課題を取り上げ、

生涯において学びを大切にする自己成長について提案しています。



なお、第2~4章には、バランスセラピー学の教育、

研究機関であるBTU学ぶ学生の方から

寄せられたコラムが「家族を読み解くための話」

として掲載されています。


本書はBTUの教育プログラムの説明が主ではないので、

専門的で分かりにくい言葉があるかもしれませんが、

家族の問題に悩み、解決策を見出した体験例として

ご覧いただけると幸いです。



巻末は、カウンセリングの効果の実証研究について掲載しました。

本書により、家族を見つめなおし、

ストレスに無防備な状態の家庭にストレスケアを

考える一助になることを期待しています。