平成25年3月吉日                  

                                 発信者:BTUストレスマネジメント研究所東京

                                      所長 北博之

    人事・労務関係ご担当者様

「休職願」を受け取る前に、読んで頂きたい本がございます。

 

脳疲労解消法.jpg


2013年4月長崎出版より発刊

「うつ病予防に効いた!脳疲労解消法」

~ある会社の休職率大幅改善の例~

出版記念講演会のお知らせ

 

 2013年春の到来を期に、ようやく少し改善の兆しを見せてきた経済の動きは、何かを期待させるものがあります。

 しかしながら、企業を取り巻く環境は長い不況に疲弊しており、そこで働く経営者・従業員共に心身のお疲れをため込んできているのではないでしょうか?

また、上向きな経済をさらに押し上げるために、今後一層の頑張りを見せなければならない人たちにとっては、働きすぎによる健康の低下も懸念されるところです。

 

 いろいろと手を尽くされてきたにもかかわらず、既に少なからぬ企業が、メンタルヘルス障害に苦しむ従業員を抱えていらっしゃいます。

 過去にうつ病による休職率改善で大きな実績を上げた私どもBTUストレスマネジメント研究所東京(BSMI東京)が、過去のケースを中心にこれらの問題を未然に防ぐ有効な方法をご紹介する下記の講演会を開催いたします。

 ぜひ、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

ストレスケアの実際の効果を確認できる

デモンストレーションあり!

日時:2013年425日(木) 15:00~17:00 (受付14:30~)

会場:南麻布セントレホール (広尾駅徒歩6分 港区南麻布4-12-25南麻布セントレ3F)

入場料:2,000円 もれなく新刊1冊プレゼント!

定員:70名(要事前申し込み)

講師:北博之(BTUストレスマネジメント研究所東京 所長)

いきいきとした人生を送り、生涯現役を目指す

BTUストレスマネジメント研究所東京のHPはこちらから

 
北顔.JPG

講師プロフィール1943年 石川県金沢市生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。政府関係金融機関、財閥系シンクタンクを経て、米系保険会社退職後、BTUでバランスセラピー学科、産業マネジメント学科、講師養成科修了。現在、BTUストレスマネジメント研究所東京所長・主任研究員。日本疲労学会会員、日本産業ストレス学会会員。

参加者の皆様には、上記書籍を1冊差し上げるとともに、どのようにして対象企業が休職率を2%から1%に半減させたかをご説明し、その中心になったストレスケアの実際の効果を確認できるデモンストレーションをご覧になっていただけます。また、ご希望の方には、別途そのストレスケアをご体験いただくことも可能です。BTUのストレスケアは、うつ病を予防すると同時に、従業員の脳疲労解消により生産性を向上させる効果も期待できます。ぜひ、お試しください。

 

目次

 

第Ⅰ部 従業員のストレスケア

第1章 企業等のうつ病対策は成功しているか

第2章 うつ病は一旦発症したら非常に厄介

第3章 A社はこうして休職率を半減させた

第4章 その他の適用例と効果検証

第5章 「新型うつ病」への対応法

 

第Ⅱ部 脳疲労解消に向けたBTUの取組み

第6章 なぜ、脳疲労解消がうつ病を予防できるか

第7章 BTUのプログラム(SMP)はなぜ脳疲労が解消できるか

 

講演会のチラシのデータはこちらから!

 

出版記念講演会表.pdf

出版記念講演会裏.pdf