ストレスケア科訓練いよいよパワーUP!

9月15日にスタートした基金訓練・BTUストレスケア科は順調に駆動し、9名の訓練生は日々集中して「バランスセラピー学」に基づくストレスケアの理論・技術の習得に取り組んでいます。

南三陸町老人福祉センターの集会室を借り受け、教室として活用している今回の試みはこれまでの緊急人材支援事業では例のない新たな施設活用に基づく事業形態ともなっており、この10月に施行された「休職職場者支援制度・求職者支援訓練」における宮城県沿岸被災地における訓練実施の新たなモデルケースの一つとしても期待、注目されています。

訓練中の皆さんは集中、真剣、リラックスを積み重ねてきてわずか3週間足らずとはいえ、大きな変化を見せてきています。

これからの皆さんの精進に期待、大!です。

DSCF5446.jpg

 

 DSCF5448.jpg

 

 DSCF5465.jpg

DSCF5473.jpg

 

DSCF5479.jpg

 

DSCF5484.jpg