西日本で初のリラクセーション外来設置となったのは、BTUの卒業生が開設した

小城市民病院 です。関連記事

 

 

その後、健康増進クリニック や心療内科ほか歯科医療の応用 など

複数の医療機関へBTUの技術が広がっています。

 

そして、2011年7月、関東に新たなリラクセーション外来が開設されました。

京都市伏見にある桃仁会病院 です。関連記事

 


 
また、この他にも九州、東北地方(余目病院院長 )でもスタッフの疲労ケアとして導入が進められています。

 

まだ、耳に新しいリラクセーション外来ですが、薬を使わず、ストレスを改善させることができ、

問題に対して「予防的」な効果を果たすことができます。

心を含む身体全体の自己調整機能の強化トレーニングとして大きな期待が持てます。

 

※ リラクセーション外来など科学的なリラクセーション法に

  関心のある先生や企業のメンタルヘルスのご担当者など

  お気軽にご相談ください。

 

参考図書など

研究情報

体の科学

心を癒す技術

ストレスに負けない生活

国立情報学研究所論文情報ナビ