多くのボランティア希望の皆様のおかげで、3月末以降宮城県下でBTUのストレスケアが継続的に実施されています。

中心となって活動しているのは、仙台教室の佐藤志保子教室長と佐藤先生のお姉さんの郁子さんおよびBSMI准研究員の加藤ゆかりさんです。

この3人が、3月以来宮城県社会福祉協議会(県社協)と連絡をとり、傘下の市町村社協の災害ボランティアセンターや被災者の避難先である市民センター等を巡回し、ホメオストレッチを実施してきました。

 

5月からは、厚生労働省疲労研究班班長の関西福祉科学大学の倉恒弘彦教授より依頼された社協スタッフの皆様を対象に疲労度調査+ホメオストレッチをセットで実施しています。これによりホメオストレッチの効果も測定できます。

 

ボランティアについては、現在62日までは既に希望者で満杯状態ですが、それ以後この活動を応援していただく為、下記の要領でボランティアを募集いたします。

ボランティア活動は、毎週月曜日から木曜日の間で、2日間以上フルに活動できる方。

これ以外の曜日は当面活動を行ないません。

 

【募集期間】

 ・66日から9

 ・613日から16

 ・620日から23

 ・627日から30

 

また、この期間であっても現地スタッフの都合で活動しない日もある可能性があります。

できるだけBTUのストレスケアカウンセラー資格以上の方で、日常的にホメオストレッチを実施している方を希望します。

期間中は、仙台市内のホテルに滞在し、毎日県下5か所の内のどこかにケアに行きます。

自宅から主な経路の往復旅費および宿泊費の半額を目処に支援センターから補助を出すつもりです。

ご希望の方は、下記のアドレスに希望の期間をご連絡ください。

 

BTUボランティア支援センター bsmi@btu.co.jp