【深く眠る】

 

休みの日にしたいことの1位が、

睡眠という方も多いかもしれません。

実際、睡眠にトラブルを抱える人は増えています。

日本人の平均睡眠時間はとても短く、

厚生労働省の「平成26年国民健康・栄養調査」を見ても、

理想的な7時間以上の睡眠を確保できている人というのはごくわずか。

 

男性では20代〜40代を通じておおよそ80%の人が、

女性でも20代〜30代にかけて約74%の人が

7時間未満の睡眠で過ごしています。

40代男性においては、約11%の人が5時間未満です。

しかし、さまざまな統計によると、

私たちが一番ストレスを感じず、

長生きできるのは7~8時間の睡眠をとっている人なのだそうです。

 

それならば、せめて雨の日だけでも、

ゆっくり眠る時間を確保してみてはいかがでしょうか。

雨の日の朝、いつもより起きるのがおっくう、

ということがあるはずです。

実際、雨の日というのは普段よりも深く眠れるのです。

 

雨の日は、本来交感神経にスイッチする朝になっても、

副交感神経がONのまま。

お休みモードが続くために、明け方まで深く眠れるというわけです。