【よく噛んで食べる】

 

雨の日はいつもの倍の時間をかけて食事をとりましょう。

なぜならよく噛むことで、脳の血流を改善し、

落ち込みがちな気持ちや頭痛、

だるさなどに効果があるからです。

 

噛む時に使うのは、「咬筋」と呼ばれるあごの筋肉です。

頬杖を付いた時に、手のひらにおさまる部分ですね。

 

この筋肉は「抗重力筋」と呼ばれる

脳とのつながりが非常に深い筋肉の一つです。

よく噛むことでこの咬筋を刺激し、脳の疲れをとることができます。