雨の日には自然と副交感神経が優位になってしまうなら、

雨の日は諦めて、仕事も学校もお休みしたほうがいいのでしょうか?

 いえ、そんなことはありません。

雨の日にも、適度に交感神経を働かせることは、

心と体の両方にとって不可欠です。

 

 健康な人が日中に活動をして交感神経を刺激しておかないと、

今度は夜になっても副交感神経の働きが不十分になって、

ゆっくり休むことができません。

すると自律神経バランスがより乱れ、睡眠や体温調節、

内臓の働きも乱されてしまうのです。

 

 雨の日は、活動をはじめる前に、

交感神経をしっかり刺激して、

体を活動モードに切り替えておくこと。

 そうすることが、

雨の日に快適に活動するための準備となるのです。