自己成長への助言と提言

 

すべては自己受容からはじまる

 

他はこれ我にあらず(道元)

 

良導反応に焦点を当てる

 

どれだけ早く成長するかではなく、どれだけたくましく成長するか

 

成長するには変化しなければならず、

 

変化するためには恐れや喪失を覚悟しなければならない

 

身体と自分に対して忍耐強くあること

 

遅れているように見えても落胆しないこと。ゆっくり歩むものは確実に進む

 

成長の目的は与えられる人になること

 

実際にやってみなければ得意なことはわからない

 

他人のことを気にすると自分のことができなくなる

 

人生の目的は快適な生活を送ることではなく、人格的に成長すること

 

相手は見ているが、それを見ている自分を見ていない

 

解決は問題に焦点を合わせているが、和解は関係に焦点を合わせている

 

多くの人は、罪悪感、恨み、憤り、恐れ、認められたいに駆り立てられて生きている。

つまり、賞賛と安心を渇望している

 

欲望ではなく目的に導かれる人生を生きる

 

感謝を人生の中心に据える

 

幸福な人生に欠かせないものは「感性」「受容性」「客観性」の3つである

 

信じるという行為は常に1人である

 

幸福になるために、人に認めてもらうというのは絶対条件ではない。

すべての人を喜ばせることなど神様でも不可能である

 

関係作りの最大の敵は忙しさである。時間こそが相手に送れる最高の贈り物