人間はいつのころからか、

「成功」と「幸福」を並べて考えるようになりました。

 

その結果、現代人は幸福を語らないようになり、

成功が第一、しだいに幸福から離れていったように思います。

 

「幸福」とは人格性であり、

「成功」にあるような何かを達成、体験することではありません。

 

また、「幸福」は存在であり、その存在は、常に他愛的です。

 

「成功」は過程、そして偶然の賜物です。

しかし、幸福には偶然はありません。

 

幸福に見合った人格、豊かな感性を身につけていくことになります。

原則的に「幸福」とは、機嫌が良く、寛容、丁寧、親切であることなど、

幸福は常に外に現れます。

 

そして、最も大切なことは、自分自身の幸福な態度が、

いかに他者の役に立つかを自覚していることです。

 

幸福は内に隠さず、自ずと表面化されて、

それが笑顔や言葉などの態度として他者への働きかけになります。