相談者への説明ポイント

グラフの説明

  1. 基準形となるグリーンのラインは安定している状態。

  2. 計測結果の赤いラインの形状はストレス状態を表している。

  3. 相談者にグリーンとレッドの比較を確認してもらう。

  4. ストレス指数の説明と現状を説明

  5. グラフは心理面やストレス反応に関連していることが実証研究で明らかにされている。

  6. http://www.btu.co.jp/social/study/

なぜ歪みが現れているか(発生の起因)

  1. 環境や生活習慣に無理な状態がないか。

  2. 心理社会的問題的を抱えていないか

  3. < span style="color: rgb(0, 0, 0);">ストレス反応は自分を守るための防御作用

  4. 疾患の可能性はないか。

     

相談者の状況は

  1. 発生の起因について相談者の考えは何か(自己評価)→動機付け

  2. ストレスケアを行なう上での相談者の制約は何か

  3. 改善に伴い将来の具体的展望は開けるのか。

     

現在地ステージ

  1. 症状を改善させたい

  2. 何かに取り組みたいが余裕がない

  3. 周りに影響を与えたい

  4. 自分自身を変化させたい

 

改善のステージ

  1. ストレス指数が減少してきている

  2. ストレス反応(症状)は軽減したが自分や周りに望ましい変化が見られない

  3. 自分自身が変化したことへの自覚がある

  4. 周りに望ましい影響を与えたいと考えている

 

アローバランスグラフ計測により、相談者の生活習慣や環境を聴き取り、

心理社会的問題についての認知に介入していくことが大切です。