ストレスケアの定義



ストレスケアの定義は「自己実現を目指すために、


ストレス因子である心理社会的問題を


どう考えどう乗り越えるかを自分自身で開始し、


遂行する諸活動の実践」です。



さらに、「ストレスケア社会」の中心概念は、


個人と社会が幸福や健康の決定要素を


コントロールすることによってニーズを満たし、


環境(体験)に対応することによって、


幸福や健康の改善を可能にするプロセスです。



したがって、ストレスケア社会の発展は、


「すべての人があらゆる生活の場で幸福や


健康を享受することのできる社会」の実現を


果たしていくことになります。



また、ストレスケアにおける「健康」は


生きる目的ではなく、日々の生活を


「幸福に送る」ための自己実現的資源であり、


ストレスのリスク因子を回避する


社会的資源であることを強調した積極的な概念になります。