日本の高齢者が65歳以上と
定義されたのは、1956年です。
この頃の平均寿命は男性63.6歳、
女性67.5歳、平均65.5歳でした。
しかし、2015年は、男性80.2歳、女性86.6歳と
平均寿命は84歳になっています。
もうそろそろ、高齢者の定義を変える必要があります。

文部科学省の運動能力調査では、
わずか過去15年間で70歳代は5歳の若返りをしています。
せめて、80歳を高齢者として欲しいですね。