自己受容の本質は、

 自分の中に不足しているもの

(ある意味では異質なもの)を取り入れることです。


今の生活が満足できるものと

感じることは自分の成長を信じるから生まれてくるのです。



また、現状に変化を求めない人には

自己受容の態度は負担になるばかりです。


「ありのまま」を取り違えて、

周り(社会)や気分に流されてはいけません。


「ありのまま」とは、

「今の自分に何ができるかを考え行動する」ことで、

常に成長や真かに向かう姿勢を指します。