一般的に相談者がカウンセリングを受ける目的は、

相談者が何らかの問題意識を持っている場合であり、

その問題の改善であると言えます。


これまでにも多様な心理的手法が研究実施され、

カウンセリング技法に応用されていますが、 


自らの行動変容を促すためには、

心身の過剰な緊張状態を緩和しなければなりません。


したがって、ホメオストレッチによる

生理学的なリラクセーション状態を作り出すことは、

ありのままの自分を受け入れる」

自己受容の能力を高め、

カウンセリングが目的にしている

行動変容の展開に大きな効果を期待することができます。