ホメオストレッチにおける律動(リズム)は、


フォーム、集中、呼吸を伴い、


それらの「動きを律する」ことに関連する。



ホメオストレッチ(歪A)は、


規則的な動きとして、


「しずかにゆっくり深く」を


基本にした操作と


一定時間(515秒)の静止、


強弱(47)、可動域、


反復(23回)によって


構成されている。





良導リズムは一定であることが求められる。


5秒固定、2回反復の実技が、


何分何秒かかるのか?


そして、そのタイムは再現できるのか?


そういった訓練こそが、


相手の微細な変化を捉えることにつながる。


感性は自律的な動きにって引き出されていく。


自律的な動きとは、自らに課した法則性である。