日本人の心のルーツは1300年前の「古事記」に

あるように思えます。

江戸期の平田篤胤、本居宣長が生涯をかけて

古事記の解明に取り組み、その後、柳田國男の影響を受けた

折口信夫の研究は、現代に生きる私たちにとって、

日本人の心のルーツを再認識するヒントになっています。


この本は、まさに日本の知の結晶というべき大著に

なっています。


少々、分厚い本ですが、カウンセラーに限らず、

読む価値はあります。


安藤礼二著