子どものストレスと母親のストレス 



科学的研究により、

妊娠中の母親のストレスが胎児に影響を与え、

出産後のアレルギー、喘息、情緒不安になることが

知られるようになってきた。

また、出産後にも過剰なストレスがかかると、

セロトニンの働きが抑制されてしまうために、

子どもの不安やイライラが高まり、

不眠や免疫力の低下といった症状につながる。

集中力や記憶力の低下、学習意欲の低下といった

精神的な症状だけでなく、消化不良や食欲不振といった

胃腸障害を引き起こすケースも見られる。


相談の多い子どもの症状(ストレス反応)




□すぐに怒る、よく友達とケンカしている

□保育園や幼稚園についたとたんに泣き出す

□ちょっとしたことで泣きわめく

□じっとしていられない。ひとつのことに集中できない

□何かにつけて反抗する

□爪をかむ、指しゃぶり(復活した)

□夜中に飛び起きる(奇声、叫ぶ)、歯ぎしりをする

□食欲不振や消化不良をおこす。周期性の嘔吐。