大股歩きは、低・中強度の運動になり、

体力に自信のない人、

運動嫌いの人でも気軽に取り組みやすい。




10分間、ゆったりとした大股歩きするだけで

認知能力が高まると助言すれば、

大股歩きを続けるモチベーションになるだろう。

 



実行の起点になるのは生命、覚醒、姿勢を

つかさどる脳幹。

ここが刺激されると覚醒し、意識が高まる。

さらに、運動の動機づけをする大脳の基底核を経て、

信号が前頭皮質、運動皮質に届き、筋を動かす。


この脳幹から前頭皮質までの経路が重要で、

このシステムにより意欲が高まる。



つまり、抗重力筋が脳を刺激し、

気分を好転する循環が起こる。

気分は脳内で覚醒を促すノルアドレナリン、

快楽を生むドーパミン、

衝動を起こすセロトニンの作用で生み出されるもので、

その混ざり具合で意欲的になったり、

不安になったり、攻撃的になったりしている。



抗重力筋にはムードを変える働きがあり、

気分が好転し、不安を解消し、抗うつ作用がある。

「ホメオストレッチは健康のためになる」というのは、

心の部分も含めてのことであるのが、

何となくではなく脳科学で実証されている。