ストレスケア・カウンセリングは、

一般的な心理カウンセラーが行なう

メンタルヘルスでもストレスマネジメントでもありません。


一口でいうと身体からアプローチしていく

カウンセリング技法です。



ストレスによって発生する様々な心理的、

身体的問題を改善させるためには、

疲労している脳中枢を活性させることが重要です。


まずは、脳中枢を活性させ、身体全体のバランスを

回復させなければなりません。


なぜなら、ストレスは、心の問題ではなく、

身体に起きている無理な状態であるからです。



人間は、心だけで成り立っているわけではありません。

人間のもう一つの要素、身体の存在を私たちは忘れています。



「我われの精神は、我われの肉体そのものである」

ドイツの哲学者(ニーチェ・18441900)の言葉です。


私たちの心は、身体という土台の上に立っています。

土台の基礎が傾けば、堅牢なビルも簡単に傾きます。

これと同様に、心も身体の状態に大きく左右されます。


明るい心、楽しい心、前向きな心になろうとしても、

土台である身体のバランスが失われていれば、

私たちの心はイキイキできないのです。


現代社会がストレスに満ちているだけに、

私たちがより幸福に生きるためには、

ストレスを望ましい方向にケアすることにおいて

他にないといえます。




そういった意味で、自己成長を目指す人、

広く心の健康や対人関係の改善に関心を持ち、

周囲の人たちのために何らかの役立つことを

実行したい人たちが学ばれています。



また、ストレスケア・カウンセラーは、

人生で誰もが乗り越えなければならない諸問題をどう考え、

どう乗り越えていくのかを助言し、

具体的な解決を目指す専門家なのです。