一般の人々は、「歩く健康法」に大きな関心を持っています。

しかし、様々な研究を調べると、その歩き方に大きな問題があります。

ざっくり言うと、ただ歩くだけでは、脳の活性化は起きません。

ところが、歩幅を大きくするだけで、脳血流が増大し、

認知症や生活習慣病が大幅に減り、寿命が伸びるのです。

なぜ? その秘密は?

いうまでもなく、「抗重力筋」にあります!