「自己を正当化するということも自己批判に似ている。」


自分の正しさは自分の合理性に過ぎないので、


それは自分には使えるが他人には使えない。

私たちは強い自我の働きで、

「自分は正しい、間違っていない」という

機械的な反応をしてしまう。


それは誰にでも起こるものなので、

その自我の反応を否定するのではなくて

コントロールすることが大切である。