セルフケアは認知および行動に好ましい影響を


与える体系的な戦術です。


ストレス対処に関しては、


弛緩した静穏な状態を自ら作り出す方法ともいえます。




その目標は一方では、現在とらわれている


差し迫った不安や恐怖の解消と軽減であり、


他方では、現在の状態の改善に引き続き、


さらに望ましい状態を目指す、


よりよき自己実現を図ることに区別されます。




「感情」は生きることを苦しめる要因の一つです。


感情をコントロールできない人間は、


自分の人生もコントロールできないため、


常に他人のことを意識しながら


生きていかなくてはなりません。




どうすれば自分の感情をコントロールし、


調整することができるようになるのでしょうか。



それには、積極的に生理学的リラクセーション状態を


作り出し、観察と思索によって感情の原因を掘り下げ


感情に流されない力を養っていくことです。