「部分は存在しない」とは、


私たちの心身が健康な状態で働いていれば


部分は意識されないという意味である。



例えば、私たちは胃の調子が悪くなってはじめて、


胃という部分を意識する。


つまり、心身の不調は全体のバランスが崩れたというサインである。



医療では個体内を観察して、個体内の異常を治すが、


バランスセラピーでは個体間(心理社会的問題)


の関わりを観察し、症状の背景を


アセスメントすることが必要になる。