激変する社会環境、ストレス過多な時代、現状突破するために


必要な能力を一言で述べると、それは「リジリエンス」です。


リジリエンスとは、回復力、弾力性復元力のことです。


人間は社会的な生活を営む上で、


強い刺激や圧力に満ちた世界、


あるいは逆境に適応していかなければなりません。


圧力で心身に歪みが発生しても、


それを復元するパワーが必要です。


もし、この復元力が失われていけば、


社会からの離脱、社会生活そのものが破たんすることになります。



リジリエンスの要素は、


「危機耐性」


「感情調整」


「自尊感情」


「未来志向」


「好奇心・探究心」


「肯定的関係性」


「知性と健康」です。



そして、このようなリジリエンスを高めることを


目的としているのがバランスセラピー学なのです。