ホメオストレッチ介入の視点


1. 日常生活の状態、疾患の可能性

2. 家族環境、社会的立場、人間関係の状態

3. 問題に対する認知のあり方


効果的な介入のための3要素


1. 信頼関係


2. 頻度


3. 動機づけ