「ベンゾ系薬剤(抗不安剤、睡眠薬、痛みどめなど)」



が筋弛緩剤であり、不安や興奮を抑制するため、


それが心の問題で使用されています。



リラクセーションは、薬に頼らず、


末梢神経系である筋の緊張を安全な方法で実現するものなのです。


日本人のベンゾ系薬剤の使用量は、米国に比較して6倍にもなり、


副作用などの薬害が社会問題になっています(2012.11.朝日新聞)。


正に、一家に一人、常備薬の代わりにHSです。