2013年の長崎は映画の当たり年でもあり、さまざまなオリジナル商品も生まれた。2013年上半期、長崎経済新聞のPV(ページビュー)ランキング1位は、ちゃんぽんとナポリタンを掛け合わせた新しいご当地グルメ「ちゃポリタン」の話題だった。
 トップテンのうち、2位に入った「ストレスケ・カウンセラー講座」の話題は624日の記事。

わずか数日間のPVでのランクインは長崎経済新聞創刊以来初のケース。

5位には「書道スタジオStart」オープンの記事、6位には映画「ペコロスの母に会いに行く」ロケの話題がランクインした。
ランキングは今年11日から628日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り。(カッコ内は掲載日)
1.
長崎の名物「ちゃポリタン」商品化-ファミマで売切れも(2/21
2.
長崎で「ストレスケア・カウンセラー」講座(6/24
3.
長崎に「エイズ感染予防自販機」-成人限定機能付きでは全国初(2/14
4.
長崎の現役大学生経営のバーが閉店へ-FBに惜しむ声殺到(1/23
5.
長崎・中町教会近くに書道スタジオ「スタート」-22時まで営業(1/30
6.
長崎・眼鏡橋周辺で映画「ペコロスの母に会いに行く」最終ロケ-赤木春恵さんら熱演(2/7
7.
長崎・桜町電停前に新業態の複合カフェ(5/17
8.
長崎・築町に本格的喫茶専門店-今月限定で「だるま珈琲」提供(1/8
9.
長崎電気軌道、アンドロイド端末向けに「モバイル一日乗車券」発売(4/19
10.
長崎特産品カラスミをパスタオイルに-老舗店が新商品開発(3/12
 1位の「ちゃポリタン」は長崎の新しい地元グルメ。ネーミングの面白さが際立ち、ファミリーマートでの商品化などが話題となった。
 2位の「ストレスケア・カウンセラー」講座の記事は、624日の配信からわずか数日でPV2位に躍り出るほどアクセスが集中。特に大都市からのアクセスが目立つことからストレス社会と言われる現代社会の中で多くの人が興味を示していることが分かった。

(長崎経済新聞社)