普通のまじめな働く人が、仕事が過重となり心身が疲弊した末に

うつ病を発症するケースが、近年著しく増加中。 



自治医科大学の加藤教授は、「イライラする」

「不安でどうしようもない」という、

不安・焦燥が目立ち、過喚気発作や強烈な不安恐慌発作など、

パニック症状を起こすこともまれではないと述べています。



旧来の「物静かな」「生気のない」うつ病とは、

まったく様子が異なるのです。


絶えず仕事や金銭的問題、自らの雇用など身につまされる悩みが、

頭から離れなくなるのです。



社会情勢が激化する今日、

正しいストレスへの理解、

リラクセーションについての啓発が急務になっています。