ホメオストレッチの「静かに、ゆっくり、深く」や

相手を感じること(感受性)、集中すること(規則性)、

行為に対する価値判断や評価をしないこと(求めない)は、

あるがままの事実、感覚に注意を向け続けることで、

前頭前野を高レベルに活性化させ、


思考プロセスや感情プロセスなど、

これまでの反応パターンを制御するスキルを


向上させているのである。

また、この自己コントロール能力は、

トレーニングにより強化されていく。



この汎用性は実に広いのが特徴である。

それは言うまでもなく、

「脳中枢」のコンディションは、

人生を大きく左右するからである。



特に、脳幹部の機能は、

人生のイキイキさを創造する

「好奇心と探求心」の原泉であり

「自分の中にある正しさ」と

「外の世界の不合理や矛盾」を統合して

受容する力の根源でもある。