どんな仕事をしたいかと聞かれたときに、「人のために、世の中のために役立つ仕事をしたい」と答える人はたくさんいます。


どんな仕事も与えられた役割を責任を持って成し遂げれば必ず世の中や人のために役立つはずです。


その中でも、カウンセリングは医療、教育、産業、福祉、司法など様々な分野で必要とされ、現代社会では重要な仕事となっています。


日頃から、身近な人の相談役となり、世話好きの人は、悩んでいる人の手助けをしたいという思いからカウンセラーに向いていると感じているでしょう。


また、人の心に興味がある人は、心理学を通してカウンセリングという仕事をやりたいと思うきっかけになったかもしれません。


もちろん、悩んでいる人や困っている人を助けることは直接的に人のために役に立っていると感じることができますが、そのためにはプロのカウンセラーとして豊富な知識やしっかりとした技術が必要です。


いろいろなカウンセリングがありますが、現代社会にはびこるストレスを抱えている人に向けて、ストレスを解放できるように導くストレスケア・カウンセラーこそが現代社会に最も必要とされているのではないでしょうか。


まさに世の中のために、人のために役立つ仕事です。