季節の変わり目は、体調不良が多くの人に見られます。


⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ 

原因の一つに寒暖差があげられます。


気温の変化は、環境の適応を強いられますので、


それが、物理的な圧力(ストレッサー)となって、


脳中枢への応力(ストレス)になります。


その結果、生体のホメオスタシス(恒常性維持機能)に影響が表れます。


このような場合には、自律神経系の副交感神経の活性化を


行なうことが大切です。


一般には、良質な睡眠、食事をゆっくり楽しむ、適度な運動という方法ですが、


即効性があるのは、リラクセーション法です。


この時期だからこそ、ホメオストレッチ(脳ストレッチの研究)


週2~3回実施してみてください。


驚くほど、体調が回復していきます。