ベットにうつぶせになり、先生が筋バランスというものを計測している。

足のくるぶしあたりを丹念にみているようだ。

しばらくすると「顔を左へ向けてください」と言われ、

言われるままに顔を左へ向けた。

両脚を屈曲され、そのまま顔の向きとは反対に両脚が倒されていく・・・。

とても慎重に何かを探っているという感じだ。

ある場所を見つけたらしい、そこで数秒間、静止している。

その後に、脚を元に戻された。

反対に顔を向け、同じ操作を受けたが、何か物足らない・・・。

何をしているのだろうか?

今度は、顔の向いている方の脚を脇腹へ近づけてくる。

これも近づけた後に、しばらくその場所で止めている。

何か、股関節の辺りが、ふぁ~として心地よい感じだ。

そして、脚をちょうど四の字のように、膝を曲げた。

さらに、お尻のあたりから、膝の近くまで、何か押されているような感じがした。

これは、なんだろう?

ゆっくり押されていく、そして、また静止した。その後にファ~と圧力が解き放たれる。

よくわからないが、いままで経験のない心地よさだ!

なんだか、体の芯から力が抜けていくような感じだ・・・・。

・・・・・・・えっ!? 

子どもが公園で遊んでいる。ブランコに乗って楽しそうだ。

あの子どもは誰だろう? あの公園はどこだろう?

私はしばらく夢を見ていたようだ。

⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ 

あっ・・・いつの間にか背中に先生の手がある??

うかつにも、私は寝ていた。完全に途中の記憶がない・・・。

それにしても、先生の手は暖かいなぁ。まるで、ホッカイロのようだ。

・・・・・・

遠くから先生の声が聞こえる。何か言っているようだ・・・。

終わったのかな?

私は、もうろうとした意識の中で、起き上がろうとした。

先生の声がもう一度聞こえた。

「顔を反対に向けるのですよ」と。

なんと、2度目の気絶である。完全に意識が飛んでいる。

終わって、時間を見るとなんと12~3分しか時間が過ぎていない???

もっと時間が過ぎている感じがする。

なんと不思議な体験だろう。

静かに起き上がろうとすると、まるで朝の寝起きのような気分だ。

少し意識がはっきりしない。

そして、起き上がると、あれっ?

あれほど気にしていた、背中の違和感がない!

それに、仕事のことで頭がグルグルフル回転していたのに、この落ち着きはなんだ。

なんでも、短い間に生理学的なリラクセーション状態を作り出した結果らしい。

それにしても、あの公園のブランコに乗っていた子どもは誰だろう?

もしかしたら、あの子は、私??

どうして、あんな夢を見たのだろうか・・・・。

なんか最近、忙しすぎるなぁ。

少し、休むか!

とにかく、スゴイ体験をした。

恐るべし、ホメオストレッチ。

50歳代の男性・手記