技術のポイント

① 触れることは触れられること。自分自身のコントロールが大切。


② 大切に扱われているという実感を与えること。


③ 定められた数量を正確に行なう。


④ 相手を良く観察すること。


⑤ 強すぎる人は自分の緊張、弱すぎる人は自信のなさ。


⑥ 技術を頭で記憶するより、技術は自分を表現するものと捉えること。


⑦ 感性を必要とする。


⑧ 正しいフォームは美しく感動的。優れた形は優れた働きを生みます。


⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ