ストレスケア・カウンセリングの知識技術は、看護師、保健師、心理職(カウンセラー)、教師、経営者、管理職、社会教育関係者、ソーシャルワーカーなど人の人生に関わる仕事をしている人には、活用の場が自分の職場と関連しているので、活動フィールドを得やすい環境にあるといえます。


あるいは、営業職の人が、顧客との信頼関係を深めるために身につけるということもあります。




 ここで課題として取り上げたいのは、これまで主だった仕事がカウンセラーの仕事とはあまり関係のない職種で、カウンセリング技法を使える「場」がない人たちです。あるいは、新しくカウンセラーとしての「場」を求めている人です。


続く。